お役立ち情報

お役立ち情報 お役立ち情報

有給インターンシップ(J-1ビザ)でアメリカに行くまで

渡米に際しての不安等、現地在住または現地での経験豊富なスタッフが、みなさんの不安がなくなる、納得されるまで何度でもご相談に応じます。

申し込み前カウンセリングは無料で何度も行います。

研修開始6ヶ月前

納得いくまでカウンセリングをし、お申し込みと同時に直ちに受け入れ先をリサーチし、必要書類の作成を始めます。

Arrow

研修開始4ヶ月前~1ヶ月前

受け入れ先決定。

あなたの希望を考慮しながら、研修先との受け入れ交渉をし、お申込者様の納得のいく受け入れ先を探します。 受け入れ先の募集状態にもよりますが、通常決定までには早くて1ヶ月、長くて4ヶ月ほどが必要です。 また、研修先英語面接サポートも行なっています。

Arrow

研修開始2ヶ月前~1ヶ月前

ビサ申請準備。

研修先が決定した後、仕事内容を詳細に記した「トレーニングプラン(DS-7002)」を作成します。 「トレーニングプラン」作成後あなたと研修先からサインを頂きます。そしてスポンサーに提出する全ての書類が揃いますとビザスポンサーにから「身元保証書(DS-2019)」が送られてきます。 これが届けば大使館でのビザ面接に臨む準備がほぼ整いました。 ビザ申請書類記入と大使館ビザ面接に備えた練習もお手伝いしています。

Arrow

研修開始2ヶ月前~2週間前まで

住む所の決定 (オプショナルで別途費用がかかります)

研修先が決まれば、住むところを探します。 希望により、仕事場からほど遠くなく、あなたの要望になるべく合った住居を探します。 通常ホームステイでは2ヶ月くらい前からリサーチを開始し、渡米1ヶ月前には決めておければいいとされていますが、受け入れ先決定次第ではもう少し期間が短くなる場合もあります。

Arrow

研修開始1ヶ月前まで

ビサ面接からビサ発給。

ビザ面接そのものはカウンター越しに行い比較的短時間で終了します。 無事面接が終了すると、面接官よりその場で「ビザ発給仮決定書」が手渡されますので、航空券手配を行なって下さい。 ビザ発給はアメリカ大使館の専任事項ですが、面接官が重視する「しっかりとした渡米目的を持ち、 期間終了後帰国する意思が明確であること」を伝える事が出来れば、通常ビザを取得できます。面接日から1週間ほどでビザがついたパスポートが返送されてきます。

Arrow

研修開始1週間前~数日前まで

いよいよ渡米です!

通常、研修開始1週間前には現地に到着していることをお勧めしています。 現地の生活に少しでもなれ、万全の状態で研修に望めるよう、準備をしましょう。 わからないことがあれば現地スタッフがサポートします。

インターン生

アメリカインターンシップ成功のコツ

まず、コミュニケーションをオープンにとっていくことが大切です。 インターンは期間限定と周りの人も思っているだけに、「ほっておかれる」可能性もあります。自分から人間関係を作っていく努力が必要になるでしょう。 次に、「学ぶ姿勢」が求められます。なにしろ「見習い」なわけですから、日々学び、謙虚な姿勢で向上心を持ち続けることが成功のカギになります。誰でも勉強熱心な人を教えるのは楽しいものですから。 最後に、目的意識を持つということです。つまり、「なんのためにインターンシップをしているのか?」ということをよく考え、また参加中も何度も思い返せるとよいでしょう。たとえば、「海外就職につなげる」という目的があるのであればインターン中に上司とコネクションを作ることに力を入れたいかもしれません。 自分なりの目的を明確にすることで滞在中の価値も上がるのではないでしょうか?